鳩による健康被害|原因解明と必要な対策法の提案

住み着いた鳩への対策方法

アパート

最近では社会問題になりつつある鳩の糞による被害、これを糞害といいます。しかし、糞害は鳩が集まってくることで起こり、その原因を作っている要因の一つとして人間の行動があると言われています。鳩による被害の話で、ベランダなどに住み着いたという話をよく聞きます。鳩の糞には健康被害の可能性もあるため、自宅に住み着かせないためにも対策が必要です。
鳩は春のうちに様々な場所に出かけます。その際に次に済む住処を探していることが多いです。その間に糞を残す習性があります。糞をした場所に戻り自身の糞が残っていると、個々は安全なんじゃないかと思うようになります。それがきっかけとなり自宅のベランダなどに住み着くと言われています。また、一度住み着いてしまうと、近隣の方々にも悪影響を及ぼします。自宅に住み着く問題が起きても鳥類保護法という法律により、鳥類を傷つけることは禁止されていまいす。市町村や都道府県に申告することで、対策してもらうことも可能なケースもありますが、それでは申告事項や、審査で時間がかかってしまいます。自宅でできる対策を紹介するので、参考にしてみるといいかもしれません。
鳩は猫やカラスなどの置物を置いておくと勘違いし、驚いて近寄らなくなってきます。ですが、一度驚いても時間が経てばすぐに戻ってくることも珍しくありません。その内、置物が自分に危害のないことを感じるとそこに居座るようになってしまいます。置物の効果は一時的なものである言えます。効果的なグッズにハト用のネットやテグスを張る方法です。こちらは効果が高いですが、ネットなどでは隙間なく張らなければ、鳩にとって安全な場所になるため住み着かれてしまうこともあるので注意が必要です。自宅を対策しても、周辺の被害が大きい場合は駆除の業者に依頼することをおすすめします。